[シロアリ被害CHECK!]アナタのご自宅本当に大丈夫ですか?

  • 家の中で羽アリを見つけたことがある
  • 風呂の敷居柱の色が変わった気がする
  • 押入れがカビ臭く、湿気を感じる
  • 水回りの床が浮いている気がする
  • 家の中からイヤ~な臭いがこもる
  • 近所がシロアリ駆除を行っていた
  • 押入れがカビ臭い、湿気がある

上記項目に、1つ以上当てはまってしまったのなら、アナタの自宅はすでにシロアリに侵されているかも知れません……!

木材を主な食料源として日本中に分布しているシロアリは、木製住宅の天敵――と思われがちですが、最近では合成ゴム等の新建材やコンクリートまで被害を及ぼす例も報告されており、アナタも決して他人事ではありません。

虫害の中でもっとも対策相談の多いシロアリが、アナタの自宅に発生すると耐震性が下がってしまい、ちょっとした地震であっても、家屋倒壊の被害を引き起こす可能性があります!

「もしかして、この前見たあの白い虫、シロアリなんじゃ……」と不安を抱えているのなら、次の章でいっしょに自宅にシロアリがいないかどうかを確認してみましょう。

[シロアリ調査]アナタの自宅にシロアリがいないかをセルフチェックして!

シロアリがいるかも知れない、と思ったら、まずは業者にシロアリがいるかどうかシロアリ調査を依頼する前に、実際に自分の家の状況をよーく確認してみてください。

そもそもシロアリは湿気が大好き。湿気がこもりやすいお風呂場の下や台所周りなど、気づかぬうちにシロアリの住処になっている……なんてことも少なくありません!

それでは、具体的にどこをどう確認すべきなのか、詳細な場所とシロアリの有無を確認する方法をご紹介しましょう。

基礎コンクリート周辺

住宅の基盤とも言うべき、基礎コンクリート周辺をよーく観察してみてください。

自宅に近い基礎コンクリート部分や、その周辺に「蟻道」(ありみち)と呼ばれるアリが通ったあとのような土、排泄物で作った道があった場合は、シロアリがいる可能性が高いです。

またシロアリがいなかったとしても、羽アリが周辺を飛び回っているようならば、捕まえて普通の羽アリか、シロアリの羽アリかを確認しましょう。

羽アリの身体が黒いからといって安心してはいけません。黒い身体の羽アリもいるからです。

注目すべきポイントは「羽の長さ」。
羽アリから生えている4枚の羽の長さが同じならば、それはシロアリの羽アリです。

床や畳

床や畳部分を踏んで「ふかふか」としているようならば、シロアリ被害によって、床材を支える木材の強度が低下している可能性があります。

畳をひっくり返し、床下を見たら「シロアリがいた!」なんてこともあるので、床や畳がふかふかしている場合は、その下もきちんと確認しましょう。

ふすまやドアの建てつけ

ふすまやドアを開けようとしたら、なかなか開かない。

最近なんだか、立てつけが悪くなってしまった。

改めてふすまやドアの建てつけを確認してみてください。

シロアリによる食害によって床や柱がたわむと、ふすまやドアはもちろん、雨戸まで建てつけが悪くなってしまいます。

ふすまやドア、雨具など改めて確認して「建てつけが悪くなっている」と実感したら、シロアリ駆除を考えた方が良いでしょう。

床下

シロアリが生息していることが多いのが、湿気がこもりやすい床下です。

ただ、いくら湿気がこもりやすいとはいえ、空気を全く通さないワケではないので、健康的な住宅であれば床下の木材にカビが生えているということはありません。

しかし、床下を確認して、カビが生えていたら、それは床下に湿気が溜まっているサインであり、シロアリがいる可能性が高いということを示唆しています。

床下の湿気を確認したら、基盤コンクリートと同じように、蟻道を探してみてください。

仮に、床下で蟻道を見つけたら、ちょっとだけその蟻道を崩してみてください。

崩した蟻道の中からシロアリが出て来たら、残念ながら“クロ”です。

最後に、蟻道付近の木材を拳で「トントン」と叩いてみてください。本来であれば、硬い木の音がしますが、中が空洞のような軽い音がしたら、食害が進んでいるサインです。早急にシロアリ駆除業者を呼んでください。

なお、崩した蟻道はそのまま放置し、シロアリ駆除業者が生息状況や駆除の範囲を把握することが出来るようにしておきましょう。

壁と柱

自宅の壁と柱は、普段から見慣れているつもりでも、その内側がどんな風になっているのかを把握している人は、ほとんどいません。

まずは壁と柱の根元部分を、じっくり観察してください。

壁や柱の根本部分を虫が食ったような様子はありませんか?

この時点で、すでに虫が食ったようになっているのなら、シロアリがいる可能性大です!

さて、壁と柱の根本部分に虫が食ったようなあとがなかった場合は、どうなのでしょうか?

残念ながら虫食いあとが無かったとしても、シロアリが壁や柱の中に潜んでいる可能性はゼロではありません。

壁と柱を「コンコン」と叩いてみてください。

硬い木の音ではなく、空洞音がしたり、壁や柱自体が柔らかくなっていたりするようなら、高確率でシロアリがいます。

浴室

ユニットバスの普及により、浴室のシロアリ被害は軽減したものの、油断は禁物です。

浴室のドアの建てつけが悪くなっていたり、浴室周辺で羽アリを見つけたりした場合は、シロアリ被害が密かに進んでいるかも知れません。

トイレ

洋式便座の普及もあって、トイレも湿気がこもらなくなったこともあり、トイレ周辺のシロアリ被害は、随分と減少しました。

しかし、油断は禁物。

浴室同様、建てつけが悪くなっていたり、羽アリが飛び回っていたりするようならば、シロアリがいる可能性があります。

またトイレの壁・柱も「コンコン」と叩いて、中が空洞になっていないかどうかを確かめてください。

もしも、シロアリを見つけてしまったら……?

それではご紹介したシロアリ調査を行ってシロアリを見つけてしまった、或いは建てつけが急に悪くなっており、シロアリがいそうだという場合は、どうすれば良いのでしょうか?

シロアリ被害は、人間がかかる病気「がん」と同じく、早期発見することが出来れば、住宅にダメージを与えることなく、駆除することが出来ます。

しかし、発見が遅れてしまうと、リフォームが必要になるだけでなく、最悪の場合は家の建て直しが必要になることも!

ただ、そういったシロアリの食害に悩まされている人を狙った、詐欺が横行しており、信頼できるシロアリ駆除業者を見つけることが、シロアリ駆除では重要になってきます。

飛び込み営業の「無料」「格安」という言葉には、ご注意を!

WEBや電話で問い合わせを行わなければならないシロアリ駆除業者は、余計な経費を削減していることもあって、シロアリが自宅にいるかどうかを無料で検査してくれます。

ただシロアリ駆除は、シロアリの食害状況にもよりますが、それなりの費用がかかってしまうもの。

10万円で済めばまだ良い方ですが、一般家庭において10万円は決して安い金額ではありません。

しかし、そんな消費者の心理を巧みについて、シロアリ詐欺業者は「無料」「格安」という甘い言葉で近づいてきます。

全国的に、そういったシロアリ駆除業者が、無料と言いつつ後日、多額の駆除費用を請求して来たり、不当に高額なリフォーム代金を請求して来たりするケースが報告されています。

そして国民生活センターでも“消費者被害注意情報”が出されているほど、シロアリ駆除を謳った詐欺が多発しています。

シロアリ駆除に関しては、適当な会社を選ぶのではなく、ましてや値段につられて信頼できない業者を選ぶのでもなく、信頼できるシロアリ駆除業者『シロアリ110番』を選んでください!

シロアリ駆除シェア『日本No.1』。追加意料金不要・明朗会計『シロアリ110番』

本当の意味で安心できるシロアリ駆除業者をお探しなら、シロアリ駆除ご利用シェア日本No.1の『シロアリ110番』をなるべく利用してください。

『シロアリ110番』は、不明瞭で不親切な会計が多いシロアリ駆除業界で、めずらしく追加料金不要・明朗会計のシロアリ駆除業者です。

シロアリ駆除に必要な工程を“全て”含んで、1,200円/㎡というリーズナブル!

一般的なシロアリ駆除業者と価格とサービスを比べて見ても、価格帯が安く、サービス範囲が広いことが以下の表を見て頂いておわかり頂けることでしょう。

シロアリ110番 大手D社 M社 個人業者
受付時間 24時間365日 8~20時365日 24時間365日 10~17時定休日あり
見積もり費用 無料・床下までOK 無料 無料 有料
施工対応
使用薬剤 認定薬剤のみ 認定薬剤のみ 記載なし 不認可もを使う場合も
施工内容 シロアリ防除施
工標準仕様書を尊守
シロアリ防除施
工標準仕様書を尊守
独自の方法で行う 独自の方法で行う
駆除方法 ケミカル工法
ベイト工法
ケミカル工法
ベイト工法
記載なし 独自の工法で行う場合も
料金 1,200円/㎡ 8,500円/㎡ 調査後算出 5,000円/㎡~
追加費用 なし なし あり あり
有効期間 5年 5年 記載なし 5年以下

大手シロアリ駆除業者と比べてもシロアリ110番は、シロアリ駆除業務に特化していることもあって、施工料金が非常に安い。

もちろん、シロアリ110番は、他社と異なり追加費用も一切かかりません。

またシロアリ駆除費用がわからない会社に比べれば、シロアリ110番は、必要費用が1,200円/㎡と最初からわかっているので、過去に悪質なシロアリ駆除業者に騙されたことがある方でも、安心してシロアリ110番にシロアリ駆除をお願いできます。

しかも、金額が安いだけでなく、床下までもきちんと確認してくれるのにも関わらず、見積もり費用は無料です。

またシロアリ110番は、他社と異なり24時間365日、休みなしで、いつでも対応してくれます。
他のシロアリ駆除業者――特に、個人業者は繁栄期になると、急いでシロアリ駆除を行って欲しいのにも関わらず、対応してくれない……なんてことも少なくありません!

早期対応が重要なシロアリ駆除において、すぐに駆除対応ができない、というのは致命傷です。

大切な自宅を守るためにも、<駆除対応までのスピード>も含めて、シロアリ駆除業者を選ぶようにしてください。

シロアリ110番が行っている「ケミカル工法」と「ベイト工法」って何?

シロアリ110番は他社よりも、金額やシロアリ駆除の対応速度が速いこともわかったけれど、もっと詳しくシロアリ110番のことを知りたい、というアナタのために、シロアリ110番の中でも特徴的な「ケミカル工法」「ベイト工法」についてご紹介したいと思います。

ケミカル工法……被害部分に直接薬剤を塗りシロアリを死滅させる

ケミカル工法とは、別名「バリア工法」とも呼ばれるシロアリ駆除方法です。

シロアリによって被害があった部分に対して、直接薬剤を塗ったり、薬剤を注入したりして、シロアリを死滅させるため、根本的にシロアリを駆除することができます。

また、このケミカル工法によって使われる薬剤の有効期間は長く5年間も、その効果を発揮します。

ベイト工法……シロアリを巣ごと駆除する工法

ケミカル工法とセットで施工されることが多いのが、ベイト工法です。

このベイト工法は、餌を巣に持ち帰るシロアリの修正を利用したもので、シロアリに効き目がある餌を、シロアリが巣に持ち帰ることで、シロアリをまとめて巣ごと駆除することが出来ます。

○不認可のシロアリ駆除剤を使う会社にはご注意を!


同じケミカル工法を行うシロアリ駆除業者であったとしても、使っている薬剤が不認可なものの場合、有効期間が短くなってしまったり、使用した薬剤のせいでアレルギー反応や喘息が出てしまうことがあります。

だから、同じケミカル工法であっても、使っている薬剤にまで注意し、シロアリ110番のように、認可されている薬剤を使う業者を選ぶようにしてください!

金額も工法も含めて、安心できる『シロアリ110番』を選んでください!

適当にシロアリ駆除業者を選んでしまうと、金額的に見て痛い目を見てしまう可能性が大いにあります。

しかし、ご紹介した『シロアリ110番』を利用することで、詐欺業者に騙されるリスクを“0”にすることが出来ますよ。

もしも、アナタが安心・安全に、そしてスピーディーにシロアリ駆除を依頼したいのなら、なるべく『シロアリ110番』を利用してください!