シロアリ駆除の業者選びに困ってしまうのは、「悪徳業者がいるから」です。

すべての会社・業者が優良であればどこで依頼しても安心できますが、酷い悪徳業者のせいで家をダメにしてしまった人の話を聞くと、シロアリ駆除業者選びも慎重になりますよね。

シロアリ駆除の悪徳業者を見分けるために、本記事では実際にどのような被害実例があるのか、詳しい被害内容や騙されてしまったポイントなどについて詳しくご紹介していきます。

シロアリ駆除悪徳業者に騙された!ケース1訪問詐欺

これは実際に東京都で多発したシロアリ駆除の悪徳訪問詐欺です。

悪徳業者は古い一戸建ての民家に突然訪問し、インターホンに出るなり「マンホールの中を見せてください」と強引に迫ります。

何度断っても悪徳業者は引かず、しまいには勝手にマンホールの中を調査しに行ってしまいました。

さらに調査から戻ってきた業者はこう言い放ちます。「やっぱり湿っていた」「シロアリがいたので駆除しておいた」。

こうして悪徳訪問業者は、一切の契約書も交わさずに勝手な作業をしたのにもかかわらず、「シロアリ駆除代金」を請求してきます。

国民生活センターに多数寄せられたこの被害相談、よくある「訪問詐欺」「シロアリ駆除悪徳業者」の手口です。

ここに注目!


悪徳業者に隙を見せないようにしよう!

訪問してくる業者は相手にしないこと、契約書のない作業は代金を支払う必要もありません。

シロアリ駆除悪徳業者に騙された!ケース2点検詐欺

ある日チラシを見ていると、「配水管掃除激安」の文字が目に飛び込んできました。

そういえば我が家も築30年、そろそろ配水管のメンテナンスも必要かなと思い業者に依頼し、実際に格安で配水管の掃除をしてもらうことができました。

作業も終わり、「いい業者に頼んだな」なんて考えていた時、悪徳業者がこう言います。「配水管のついでですから、床下も見てきましょうか?」。

快く受け入れると、床下から戻ってきた業者は「床下の湿気がすごくてシロアリもいました。今すぐ対策しましょう」というのです。

配水管を激安でメンテナンスしてくれた安心感もあり依頼すると、なんとシロアリ駆除だけではなく床下に風を通す換気扇、さらに防湿マットの代金も請求されてしまいました。

後から考えてみると「悪徳業者なのではないか」とわかるのですが、その時は今やっておかないと大変なことになると不安感をあおられてしまい、思考がストップして依頼してしまったのです。

ここに注目!


相場より格安な工事や住宅メンテナンスを行う業者には注意!適正料金以下には理由がある!

悪徳シロアリ駆除業者に騙されないために

悪徳シロアリ駆除業者に騙されないために言えることは、「訪問してくる業者には注意」「相場よりも格安な料金で工事を請け負う業者には注意」することです。

どちらの場合にも、高齢者や主婦などの優しい人がターゲットになってしまいます。

悪徳業者に騙されないために、「キッパリはっきりと断る」術も身につけなければいけません。

また、「心配になったら自分で依頼して点検してもらう」ことも大切です。

急に訪れた業者の口車に乗らないためには、「うちはちゃんとシロアリ駆除をしている」という自信も大切なのです。

シロアリ110番に登録されているような、わかりやすい料金体系と丁寧なアフターサービスのあるシロアリ駆除業者に一度無料事前現地調査を依頼してみましょう。

まとめ

悪徳業者の手口は実に巧妙で、一度入り込まれてしまうと断るのが難しくなってしまいます。

知らない業者の話は聞かない、訪問する業者を自宅に上げない、また格安で作業をする業者を信用しすぎないことが大切です。

シロアリ駆除業者は悪徳業者ばかりではありませんから、自分でしっかり優良業者を見極められるよう知識を持っておきましょう。