羽アリを見かけたかも・・・

風呂の敷居柱が変色したかも・・・

押入れがカビ臭く、湿気が・・・

水回りの床が浮きだした・・・

家に不快な臭いがこもる・・・

お隣さんがシロアリの駆除をしていた・・・

ひとつでもあてはまったら・・・シロアリがいるかもしれません。

まずは自宅のセルフチェックからはじめてみましょう。

『基礎コンクリート、床や畳、ふすまやドアの建てつけ、床下、浴室、トイレ』などはチェックしておきたいところです。

そして『シロアリ』を発見してしまったら、迷わず『シロアリ110番』までご相談下さい。

◎「1平米あたり1,200円」。追加料金不要の安心な料金体系。

◎日本全国・年中無休・24時間対応

◎5年保証「しろあり防除施工士」による施工と認定薬剤使用など安心品質

『シロアリ110番』公式サイトをご確認下さい。

『シロアリ110番』がおすすめな理由

シロアリ駆除の業者って怪しいところもあるって聞くけど・・・

だからこそ、『シロアリ110番』なのです。

ではなぜ『シロアリ110番』なのか?それは・・・

『シロアリ110番』がおすすめな理由


  • 事前調査は原則無料。
  • 作業後の追加料金は一切なし。
  • 年間受付件数20万以上の実績。

「あれ?これだけ」と思ったアナタに、もうふたつ。

『シロアリ110番』は、5年間の品質保証がついて、「1200円/㎡」。

全国平均が3,575円/㎡ですから、約1/3の費用でシロアリ駆除ができてしまうんです。

また実際に白アリの駆除を行うのは、シロアリのことを熟知したしろあり防除施工士の有資格者が施工するのでとても安心です。

まさにこのしろあり防除施工士は、しろあり駆除のプロフェッショナルと言えるは、下記を見ればおわかりいただけるでしょう。

◯しろあり防除施工士って?


  • シロアリ・腐朽・木材・薬剤・建築・防除施工に関する知識を持っています
  • 防除施工標準仕様書に則った確実な施工を行います
  • 協会が認定した薬剤を使用して施工します
  • 安全管理基準を遵守し、安全な施工を行います
  • シロアリ防除をとりまく最新情報を学んでいます

引用:公益社団法人日本しろあり対策協会

安心の施工。明朗会計が『シロアリ110番』

不明瞭で不親切な会計が多いシロアリ駆除業界で、追加料金不要・明朗会計なのが『シロアリ110番』です。

そして、しろありのプロフェッショナルであるしろあり防除施工士がシロアリ駆除を行うのが『シロアリ110番』です。

だから『シロアリ110番』なのです。

シロアリ110番 大手D社 M社 個人業者
受付時間 24時間365日 8~20時365日 24時間365日 10~17時定休日あり
見積もり費用 無料・床下までOK 無料 無料 有料
施工対応
使用薬剤 認定薬剤のみ 認定薬剤のみ 記載なし 不認可もを使う場合も
施工内容 シロアリ防除施
工標準仕様書を尊守
シロアリ防除施
工標準仕様書を尊守
独自の方法で行う 独自の方法で行う
駆除方法 ケミカル工法
ベイト工法
ケミカル工法
ベイト工法
記載なし 独自の工法で行う場合も
料金 1,200円/㎡ 8,500円/㎡ 調査後算出 5,000円/㎡~
追加費用 なし なし あり あり
有効期間 5年 5年 記載なし 5年以下

シロアリ駆除でお困りなら

『シロアリ110番』

シロアリ駆除体験談「ついにシロアリが出現。白アリを退治。」

シロアリを発見したきっかけは、粗大ごみの回収の準備をしているときでした。

私の住んでいる地域では年に2回ほど大きな粗大ごみの回収があるのですが、ソファーや箪笥、洗面台などの大きくて処分に困る不要品は、その時期が来るまで使わなくなった離れの一角に集めて置いていました。

当然普段は窓の開け閉めもしないため、室内は何処となく湿っているような感じはしていたのですが、そろそろ粗大ごみの回収の日が近付くということで、外に出すためその部屋に踏み込んだのですが、全26冊もある百科事典を除けたときに何やらと白い物体が見えたのでよーく目を凝らしてみるとその白い物体は無数にいるではありませんか!

初めて見ましたが、これは「シロアリ」だと直感で分かりました。

取り敢えずは殺虫剤を噴射して見える分には退治したのですが、退治する途中に床が沈むような感触(音)がしたので、思い切って畳を剥がしてみると、先ほどとは比べ物にならない量のシロアリたちが!!

しかも羽も生えているやつもいるし。

これはもう専門家に頼むしかないなと思い、取り敢えず今自分で出来ること、畳をすべて剥がし、ボロボロになった床板(恐らくコレも食べられた)も処分し、現状の確認と、これ以上被害が広がらないように早めに対処することにしました。

今の時代はインターネットですぐにこれがシロアリかどうかを画像で確認出来るので、もしかして違うのではないかと一抹の希望を持っていたのですが、見た瞬間に「あぁ、これは間違いなくシロアリだ」と理解したのは不幸中の幸いとでも言いますか…。

思えば先週、知り合いの家がシロアリが出て駆除を頼んだと聞いていたので、まずはそちらに電話をして連絡先を聞きこちらから電話しました。

「床下まで剥いで準備をしている家はあまりないよ」と言われたのですが、田舎なので割と大工道具も揃ってあったため駆除をお願いしている間に床板をホームセンターに買い出しに行ったのでした。

そのため詳しい作業内容は知らないのですが、薬剤散布と塗料を塗って帰ったそうです。

DIY気分で楽しい反面、シロアリの発生を間近で体験して少々複雑な気分でした。