羽アリを見かけたかも・・・

風呂の敷居柱が変色したかも・・・

押入れがカビ臭く、湿気が・・・

水回りの床が浮きだした・・・

家に不快な臭いがこもる・・・

お隣さんがシロアリの駆除をしていた・・・

ひとつでもあてはまったら・・・シロアリがいるかもしれません。

まずは自宅のセルフチェックからはじめてみましょう。

『基礎コンクリート、床や畳、ふすまやドアの建てつけ、床下、浴室、トイレ』などはチェックしておきたいところです。

そして『シロアリ』を発見してしまったら、迷わず『シロアリ110番』までご相談下さい。

もちろん北区は対応エリアです。

◎「1平米あたり1,200円」。追加料金不要の安心な料金体系。

◎日本全国・年中無休・24時間対応

◎5年保証「しろあり防除施工士」による施工と認定薬剤使用など安心品質

『シロアリ110番』公式サイトをご確認下さい。

『シロアリ110番』がおすすめな理由

シロアリ駆除の業者って怪しいところもあるって聞くけど・・・

だからこそ、『シロアリ110番』なのです。

ではなぜ『シロアリ110番』なのか?

それは・・・

『シロアリ110番』がおすすめな理由


  • 事前調査は原則無料。
  • 作業後の追加料金は一切なし。
  • 年間受付件数20万以上の実績。

「あれ?これだけ」と思ったアナタに、もうふたつ。

『シロアリ110番』は、5年間の品質保証がついて、「1200円/㎡」。

全国平均が3,575円/㎡ですから、約1/3の費用でシロアリ駆除ができてしまうんです。

また実際に白アリの駆除を行うのは、シロアリのことを熟知したしろあり防除施工士の有資格者が施工するのでとても安心です。

まさにこのしろあり防除施工士は、しろあり駆除のプロフェッショナルと言えるは、下記を見ればおわかりいただけるでしょう。

◯しろあり防除施工士って?


  • シロアリ・腐朽・木材・薬剤・建築・防除施工に関する知識を持っています
  • 防除施工標準仕様書に則った確実な施工を行います
  • 協会が認定した薬剤を使用して施工します
  • 安全管理基準を遵守し、安全な施工を行います
  • シロアリ防除をとりまく最新情報を学んでいます

引用:公益社団法人日本しろあり対策協会

安心の施工。明朗会計が『シロアリ110番』

不明瞭で不親切な会計が多いシロアリ駆除業界で、追加料金不要・明朗会計なのが『シロアリ110番』です。

そして、しろありのプロフェッショナルであるしろあり防除施工士がシロアリ駆除を行うのが『シロアリ110番』です。

だから『シロアリ110番』なのです。

もちろん北区も対応エリアです。

シロアリ110番 大手D社 M社 個人業者
受付時間 24時間365日 8~20時365日 24時間365日 10~17時定休日あり
見積もり費用 無料・床下までOK 無料 無料 有料
施工対応
使用薬剤 認定薬剤のみ 認定薬剤のみ 記載なし 不認可もを使う場合も
施工内容 シロアリ防除施
工標準仕様書を尊守
シロアリ防除施
工標準仕様書を尊守
独自の方法で行う 独自の方法で行う
駆除方法 ケミカル工法
ベイト工法
ケミカル工法
ベイト工法
記載なし 独自の工法で行う場合も
料金 1,200円/㎡ 8,500円/㎡ 調査後算出 5,000円/㎡~
追加費用 なし なし あり あり
有効期間 5年 5年 記載なし 5年以下

北区でシロアリ駆除をお願いするなら・・・

『シロアリ110番』

ですね。

シロアリ駆除体験談「ドアが倒れた!気づかぬうちに白アリが我が家にいました」(北区編)

以前住んでいた貸家は、築20年ほどの一軒家で、周りは田んぼと草原というなんとものんびりとした環境でした。

当時まだ結婚間もなかった私たち夫婦は、いつか子供が生まれても良いようにと多少古くても部屋も広く、庭もあるその家を借りる事にしたのです。

引っ越して2年目に子供が出来たので、私は仕事を休んで家にいるようになりました。

それまでは毎日仕事に行き、週末も出かけがちだったため、出産前にすべての部屋を掃除しておこうと思い立ちました。

その日は、あまり使っていなかった居間から廊下で繋がる和室の掃除に取り掛かったのですが、和室入口のドアノブを回し、ドアを開けようとする前に、ドアノブがポトリと落ちてしまいました。

壊してしまった!と驚いてドアノブの付いていた部分を見てみたところ、木がガサガサにささくれたようになっており、この家古いからドアの板も傷んでたのかな?

と、そんなに重大に受け止めず、ドアを開けたままの状態で中を掃除し、帰宅した夫にはドアノブ取れてるから和室のドアは開けっ放しにしていると話しました。

普段使っている部屋ではないので、そのまましばらく放って置きました。

無事出産し、子供がハイハイで家中を移動するようになった頃、子供が例の和室のドアに捕まってなんとか立とうとしていました。

私は和室が見える廊下で洗濯物を畳みながらその様子を見ていたその時、子供が立つと同時に和室のドアノブの取れたドアが、そのまま倒れて子供が下敷きになってしまいました。

驚いて慌てて子供を抱き上げて、怪我が無いことを確認した後、ドアを確認すると、ドアの横や上下の部分がスッカスカ!になっていました。

いったいどういう事なのかわからず、大家さんに来てもらうと、白アリが中から木のドアを食べてしまっているとのことでした。

このままだとドアの付いていた柱やその周りにも白アリが広がっているかもしれないとのことで、大至急、白アリの駆除業者を大家さんが呼んでくれました。

作業中は薬剤を撒くので家にいることはできず、私は子供を連れて実家に避難して作業が終わるのを待ちました。

その時は薬剤で駆除をしてもらい、いなくなったのですが、やはりドアの周りの柱は白アリにやられてスッカスカで危険な状態ということで、私たち家族は、結局引っ越しをせざるを得ませんでした。

白アリがまさか我が家にでるとは思ってもみませんでしたし、気づかずに放置すると住めなくなるほど家を傷める事もあるのだと痛感しました。