羽アリを見かけたかも・・・

風呂の敷居柱が変色したかも・・・

押入れがカビ臭く、湿気が・・・

水回りの床が浮きだした・・・

家に不快な臭いがこもる・・・

お隣さんがシロアリの駆除をしていた・・・

ひとつでもあてはまったら・・・シロアリがいるかもしれません。

まずは自宅のセルフチェックからはじめてみましょう。

『基礎コンクリート、床や畳、ふすまやドアの建てつけ、床下、浴室、トイレ』などはチェックしておきたいところです。

そして『シロアリ』を発見してしまったら、迷わず『シロアリ110番』までご相談下さい。

もちろん国分寺市は対応エリアです。

◎「1平米あたり1,200円」。追加料金不要の安心な料金体系。

◎日本全国・年中無休・24時間対応

◎5年保証「しろあり防除施工士」による施工と認定薬剤使用など安心品質

『シロアリ110番』公式サイトをご確認下さい。

『シロアリ110番』がおすすめな理由

シロアリ駆除の業者って怪しいところもあるって聞くけど・・・

だからこそ、『シロアリ110番』なのです。

ではなぜ『シロアリ110番』なのか?

それは・・・

『シロアリ110番』がおすすめな理由


  • 事前調査は原則無料。
  • 作業後の追加料金は一切なし。
  • 年間受付件数20万以上の実績。

「あれ?これだけ」と思ったアナタに、もうふたつ。

『シロアリ110番』は、5年間の品質保証がついて、「1200円/㎡」。

全国平均が3,575円/㎡ですから、約1/3の費用でシロアリ駆除ができてしまうんです。

また実際に白アリの駆除を行うのは、シロアリのことを熟知したしろあり防除施工士の有資格者が施工するのでとても安心です。

まさにこのしろあり防除施工士は、しろあり駆除のプロフェッショナルと言えるは、下記を見ればおわかりいただけるでしょう。

◯しろあり防除施工士って?


  • シロアリ・腐朽・木材・薬剤・建築・防除施工に関する知識を持っています
  • 防除施工標準仕様書に則った確実な施工を行います
  • 協会が認定した薬剤を使用して施工します
  • 安全管理基準を遵守し、安全な施工を行います
  • シロアリ防除をとりまく最新情報を学んでいます

引用:公益社団法人日本しろあり対策協会

安心の施工。明朗会計が『シロアリ110番』

不明瞭で不親切な会計が多いシロアリ駆除業界で、追加料金不要・明朗会計なのが『シロアリ110番』です。

そして、しろありのプロフェッショナルであるしろあり防除施工士がシロアリ駆除を行うのが『シロアリ110番』です。

だから『シロアリ110番』なのです。

もちろん国分寺市も対応エリアです。

シロアリ110番 大手D社 M社 個人業者
受付時間 24時間365日 8~20時365日 24時間365日 10~17時定休日あり
見積もり費用 無料・床下までOK 無料 無料 有料
施工対応
使用薬剤 認定薬剤のみ 認定薬剤のみ 記載なし 不認可もを使う場合も
施工内容 シロアリ防除施
工標準仕様書を尊守
シロアリ防除施
工標準仕様書を尊守
独自の方法で行う 独自の方法で行う
駆除方法 ケミカル工法
ベイト工法
ケミカル工法
ベイト工法
記載なし 独自の工法で行う場合も
料金 1,200円/㎡ 8,500円/㎡ 調査後算出 5,000円/㎡~
追加費用 なし なし あり あり
有効期間 5年 5年 記載なし 5年以下

国分寺市でシロアリ駆除をお願いするなら・・・

『シロアリ110番』

ですね。

シロアリ駆除体験談「シロアリはコンクリートの壁も食い破って侵入して来ます」(国分寺市編)

これは依然、私が公団のマンションに住んでいた時の話しです。

マンションは全部で8棟あり、総戸数は240戸余りの団地です。団地には管理組合があり、1棟から常に1人の理事が管理組合の構成員として出ることになっており、その任期は2年でした。

私は公団の抽選に当選してこの団地に入居したので、この団地が出来た当初から住んでいました。ここに住んでから15年目に、管理組合の理事の順番が私のところに回って来ました。

理事には理事長をはじめ幾つかの役割があり、初回の理事会の時に誰が何をやるのかが決められます。そこで私は営繕班を選びました。営繕班の理事の仕事は、団地内の全マンションの修理保全に関する立案とその実施、及び住民からの修理依頼などへの対応です。

しかし、私を含めて皆さん殆どの方は素人なので、基本的には団地から委託しているマンションの管理会社が協力してくれます。

私が理事になって丁度2年目に入った時でした。私が住んでいるのと同じ7号棟のマンションの住人から、シロアリの被害が発生したとの連絡が管理組合に入ってきました。

そこで、私が発生現場の確認を行うことになり、そのお宅を訪問しました。被害が発生したお宅は7号棟の一番端の1階でした。

現場の写真を撮るためデジタルカメラを持ってそのお宅を訪問し、御主人と奥さんから被害状況を聞かせてもらった後に現場を確認させてもらいました。

たまたま大掃除をしていて和室の畳を引っ繰り返したところ、畳の裏側がシロアリによってボロボロに食い荒らされていたのを発見したそうです。畳を引っ繰り返すまでは全く気が付かなかったとおっしゃっていました。

その部屋に案内されると、畳が裏返しにしてありました。畳の裏側と、底板は食い荒らされていて確かにボロボロになっていましたが、既にシロアリ自体の痕跡はありませんでした。

私は写真を添えた報告書を作成してこの状況を管理組合に報告し、管理組合としての対応を協議してもらいました。その結果、マンションの管理会社に相談して実質的な対策を検討することになりました。

最終的には、管理会社からシロアリ駆除の専門業者を紹介してもらうこととなり、その業者との直接的な窓口は私達営繕班の理事が行うことになりました。

後日、業者の方に1階の被害現場を見てもらったところ、マンションの1階の下の土台部分を確認したいとの要請がありました。

普段はカギが掛かっていて中には入れないようになっていますが、1階階段の奥まったところに小さな鉄扉があり、そこから入れるようになっています。

業者の方と一緒に中に入ってみると、そこは周囲と上側の天井部分はコンクリートの躯体で囲まれていましたが、地面はそのまま露出していました。

周囲の躯体の様子を業者の方は暫く調べていましたが、一通り調査が済んだところで説明がありました。業者の方が指差した躯体部分を見ると、地面から上に向かってポロポロとした土の塊のようなものが天井の躯体部分まで道のように繋がって伸びていました。

業者の方の説明では蟻道というもので、シロアリは光を嫌うため、普段は地中にいますが、湿気の多い箇所ではこのような蟻道を作って、餌となる朽ちた木などまで伝って行くとのことでした。

天井部分の躯体に瑕疵があれば、そこから1階の底板を食い破って畳などに被害を出すことがあるそうです。また、驚いたことには、シロアリはコンクリートにも穴を開けてしまうとも業者の方は言っていました。

業者による調査の結果、8棟の内5棟に蟻道が確認されました。管理組合では、全住民に対してシロアリによる被害の有無についてアンケート調査を実施しました。

結局のところ被害報告は最初の1件だけでしたが、8棟全てについて1階の下の部分の消毒を業者に依頼することにしました。

このシロアリ騒動では、全棟の調査と消毒のために臨時修繕費として約500万円の支出が発生しました。

シロアリによる被害は木造住宅に限ったことではありません。コンクリート造りのマンションと言えども決して安心は出来ません。