羽アリを見かけたかも・・・

風呂の敷居柱が変色したかも・・・

押入れがカビ臭く、湿気が・・・

水回りの床が浮きだした・・・

家に不快な臭いがこもる・・・

お隣さんがシロアリの駆除をしていた・・・

ひとつでもあてはまったら・・・シロアリがいるかもしれません。

まずは自宅のセルフチェックからはじめてみましょう。

『基礎コンクリート、床や畳、ふすまやドアの建てつけ、床下、浴室、トイレ』などはチェックしておきたいところです。

そして『シロアリ』を発見してしまったら、迷わず『シロアリ110番』までご相談下さい。

もちろん品川区は対応エリアです。

◎「1平米あたり1,200円」。追加料金不要の安心な料金体系。

◎日本全国・年中無休・24時間対応

◎5年保証「しろあり防除施工士」による施工と認定薬剤使用など安心品質

『シロアリ110番』公式サイトをご確認下さい。

『シロアリ110番』がおすすめな理由

シロアリ駆除の業者って怪しいところもあるって聞くけど・・・

だからこそ、『シロアリ110番』なのです。

ではなぜ『シロアリ110番』なのか?

それは・・・

『シロアリ110番』がおすすめな理由


  • 事前調査は原則無料。
  • 作業後の追加料金は一切なし。
  • 年間受付件数20万以上の実績。

「あれ?これだけ」と思ったアナタに、もうふたつ。

『シロアリ110番』は、5年間の品質保証がついて、「1200円/㎡」。

全国平均が3,575円/㎡ですから、約1/3の費用でシロアリ駆除ができてしまうんです。

また実際に白アリの駆除を行うのは、シロアリのことを熟知したしろあり防除施工士の有資格者が施工するのでとても安心です。

まさにこのしろあり防除施工士は、しろあり駆除のプロフェッショナルと言えるは、下記を見ればおわかりいただけるでしょう。

◯しろあり防除施工士って?


  • シロアリ・腐朽・木材・薬剤・建築・防除施工に関する知識を持っています
  • 防除施工標準仕様書に則った確実な施工を行います
  • 協会が認定した薬剤を使用して施工します
  • 安全管理基準を遵守し、安全な施工を行います
  • シロアリ防除をとりまく最新情報を学んでいます

引用:公益社団法人日本しろあり対策協会

安心の施工。明朗会計が『シロアリ110番』

不明瞭で不親切な会計が多いシロアリ駆除業界で、追加料金不要・明朗会計なのが『シロアリ110番』です。

そして、しろありのプロフェッショナルであるしろあり防除施工士がシロアリ駆除を行うのが『シロアリ110番』です。

だから『シロアリ110番』なのです。

もちろん品川区も対応エリアです。

シロアリ110番 大手D社 M社 個人業者
受付時間 24時間365日 8~20時365日 24時間365日 10~17時定休日あり
見積もり費用 無料・床下までOK 無料 無料 有料
施工対応
使用薬剤 認定薬剤のみ 認定薬剤のみ 記載なし 不認可もを使う場合も
施工内容 シロアリ防除施
工標準仕様書を尊守
シロアリ防除施
工標準仕様書を尊守
独自の方法で行う 独自の方法で行う
駆除方法 ケミカル工法
ベイト工法
ケミカル工法
ベイト工法
記載なし 独自の工法で行う場合も
料金 1,200円/㎡ 8,500円/㎡ 調査後算出 5,000円/㎡~
追加費用 なし なし あり あり
有効期間 5年 5年 記載なし 5年以下

品川区でシロアリ駆除をお願いするなら・・・

『シロアリ110番』

ですね。

シロアリ駆除体験談「羽アリがシロアリなの?」(品川区編)

家の浴室に初めて羽アリが出たのは梅雨の湿度が高い時期でした。

初めは私のアリの知識は甘い匂いが好きなこと、シロアリであれば材木を餌にしている生き物という浅いものでした。

浴室には甘いものもないしどこの隙間から入ってきたの?と思いました。

ましてや羽があるし、これがアリ?と半信半疑でした。

シロアリ被害にあっているなんて思いもよらず外の生き物とばかり思っていました。

家に出たアリは体が黒く縦に細長く羽は体より縦に長くついていました。

ネットで浴室、羽、虫、と検索をかけて調べたところ初めて羽アリと呼ばれる生き物がシロアリであるということに気付いたのです。

日本に生息しているシロアリは2種類いるそうで本州南岸以南に生息するイエシロアロは体が黄色がかった茶色で羽が胴体より長く白くなっていて家屋の加害範囲は2階や屋根まで及び家全体を加害し住みつかれると被害が激しいものになるそうです。

ヤマトシロアリは北海道北部を除く日本全土に生息し特徴は体が茶色がかった黒色、または黒色で羽が胴体より長く色も黒くなっていて加害範囲は床から1M程みたいです。

調べて分かったことは家に沸いて出てきた生き物はヤマトシロアリであるということと、暖かい気候の地域、日本のほとんどに生息しているということでした。

私の住んでる地域は盆地の為シロアリが繁殖するにはもってこいのところだったのでシロアリの数も加害のスピード早かったのです。

まず自分で行った応急処置は浴室の沸いて出てきた場所を特定して駆除スプレーを毎日吹きかけました。

後は地面から床までの1Mほどの距離がヤマトシロアリの加害範囲ということになれば床下のどこにいてもおかしくはありませんよね。

私の家は和室があったので畳の隙間にも駆除スプレーを吹きかけていました。

ですが根本的な駆除はできていないので一時的には発生を抑えることができても問題解決には至りませんでした。その後近所のホームセンターでシロアリ駆除を依頼し床下を見てもらいました。

見ていただいたところ基礎の加害範囲は少なかったようで駆除をするだけで済みました。

室内で羽の長い生き物を見たらシロアリかもしれません。今回は被害が少なく済みましたがほおっておいたらどうなっていたことでしょう。

シロアリかもと思ったら早めに確認する事をお勧めします。