• 羽アリを見かけたかも・・・
  • 風呂の敷居柱が変色したかも・・・
  • 押入れがカビ臭く、湿気が・・・
  • 水回りの床が浮きだした・・・
  • 家に不快な臭いがこもる・・・
  • お隣さんがシロアリの駆除をしていた・・・

ひとつでもあてはまったら・・・シロアリがいるかもしれません。

まずは自宅のセルフチェックからはじめてみましょう。

『基礎コンクリート、床や畳、ふすまやドアの建てつけ、床下、浴室、トイレ』などはチェックしておきたいところです。

そして『シロアリ』を発見してしまったら、迷わず『シロアリ110番』までご相談下さい。

もちろん豊島区は対応エリアです。

◎「1平米あたり1,200円」。追加料金不要の安心な料金体系。

◎日本全国・年中無休・24時間対応

◎5年保証「しろあり防除施工士」による施工と認定薬剤使用など安心品質

『シロアリ110番』公式サイトをご確認下さい。

『シロアリ110番』がおすすめな理由

シロアリ駆除の業者って怪しいところもあるって聞くけど・・・

だからこそ、『シロアリ110番』なのです。

ではなぜ『シロアリ110番』なのか?

それは・・・

『シロアリ110番』がおすすめな理由


  • 事前調査は原則無料。
  • 作業後の追加料金は一切なし。
  • 年間受付件数20万以上の実績。

「あれ?これだけ」と思ったアナタに、もうふたつ。

『シロアリ110番』は、5年間の品質保証がついて、「1200円/㎡」。

全国平均が3,575円/㎡ですから、約1/3の費用でシロアリ駆除ができてしまうんです。

また実際に白アリの駆除を行うのは、シロアリのことを熟知したしろあり防除施工士の有資格者が施工するのでとても安心です。

まさにこのしろあり防除施工士は、しろあり駆除のプロフェッショナルと言えるは、下記を見ればおわかりいただけるでしょう。

◯しろあり防除施工士って?


  • シロアリ・腐朽・木材・薬剤・建築・防除施工に関する知識を持っています
  • 防除施工標準仕様書に則った確実な施工を行います
  • 協会が認定した薬剤を使用して施工します
  • 安全管理基準を遵守し、安全な施工を行います
  • シロアリ防除をとりまく最新情報を学んでいます

引用:公益社団法人日本しろあり対策協会

安心の施工。明朗会計が『シロアリ110番』

不明瞭で不親切な会計が多いシロアリ駆除業界で、追加料金不要・明朗会計なのが『シロアリ110番』です。

そして、しろありのプロフェッショナルであるしろあり防除施工士がシロアリ駆除を行うのが『シロアリ110番』です。

だから『シロアリ110番』なのです。

もちろん豊島区も対応エリアです。

シロアリ110番 大手D社 M社 個人業者
受付時間 24時間365日 8~20時365日 24時間365日 10~17時定休日あり
見積もり費用 無料・床下までOK 無料 無料 有料
施工対応
使用薬剤 認定薬剤のみ 認定薬剤のみ 記載なし 不認可もを使う場合も
施工内容 シロアリ防除施
工標準仕様書を尊守
シロアリ防除施
工標準仕様書を尊守
独自の方法で行う 独自の方法で行う
駆除方法 ケミカル工法
ベイト工法
ケミカル工法
ベイト工法
記載なし 独自の工法で行う場合も
料金 1,200円/㎡ 8,500円/㎡ 調査後算出 5,000円/㎡~
追加費用 なし なし あり あり
有効期間 5年 5年 記載なし 5年以下

豊島区でシロアリ駆除をお願いするなら・・・

『シロアリ110番』

ですね。

シロアリ駆除体験談「近隣からのシロアリの飛散」(豊島区編)

シロアリが原因で近隣の住人とトラブルになっています。

というのも、かなりの確率でその家で発生したシロアリが周囲の家にも飛散したことが一目瞭然だからです。

そのためにシロアリの駆除だけでなく、住宅の改修までしなければならない家もあったほどで、その費用を弁済してもらいたいという気持ちをみんな抱いています。

わたしの家は幸いなことに発見が早く、何となくh柱の下におがくずのようなものがあるということで、慌ててシロアリ駆除をしました。

自宅にそれほどの被害が及んでいなくてほっとしましたが、本来なら必要のなかった出費でしたから、駆除費用には納得できていません。

そもそもシロアリを大量に繁殖させて飛散させる結果となった家は、もともと低湿地だったところに家を建てていて、耐震性の観点からも地元の人間なら家を建てるなど怖くてできないと思うような地盤でした。

いくら土質を改良して基礎がしっかりとできるようになったかもしれませんが、それでももともと低い土地であったことは大雨のあとなどにはまだ水溜まりが周囲にできるのでよくわかりました。

そんなじめじめとした土地だったので、衛生面の不安も感じていました。恐らく湿気で建物の寿命は短いのだろうと眺めていましたが、シロアリまで繁殖し、しかも飛散するはめになるとは思っていませんでした。

シロアリの被害に会った当事者の家は駆除はもちろん相当の修理も必要なようで、それを火災保険で補えるのか心配していました。

それよりもわたしの家も含めて周辺も被害を受けているのですが、現状ではけっこうな金額を自己負担するはめになっています。

いずれは中古で自宅を手放すにことも想定しているので、きちんと修復しておかないと、資産価値にも影響が出るのでとても心配です。

ただ現状では明らかにどこからシロアリが飛散してきたか明白と思えるのですが、根拠を示せるかというと必ずしもそうではないのでとてももどかしい気持ちになっています。